Top > 主催イベント > コンペティション > 過去コンペティション詳細

updated   2017-03-20

日本トロンボーンコンペティション最近の詳細

Japanese trombone competition

2016年 第23回日本トロンボーンコンペティション
<高校生以下の部/独奏部門>

2016年10月23日(日)

第1位 松ヶ野土筆 鹿児島県立松陽高等学校
     J.Matej:Concert No.1
第2位 西村菜月 滋賀県立石山高等学校
     高嶋圭子:風化賛礼
第3位 大友崇敬 宮城県仙台向山高等学校
     J.castérède:Sonatine
奨励賞 中原悠吾 京都市立京都堀川音楽高等学校
     E.Bozza:Ballade
奨励賞 秋口響哉 浜松学芸高等学校
     H.Tomasi:Concerto

第1位 松ヶ野土筆 鹿児島県立松陽高等学校
     J.Matej:Concert No.1
1.JPG
 この度は、第23回トロンボーンコンペティションで第1位を頂きましたことを心より感謝申し上げます。

 高校1年生のとき、私は初めてこの大会に挑戦しました。日本でトップクラスの実力を持った高校生がどんな演奏をしているのかをただ知りたくて、結果のことは何も考えずに、親に頼み込みんで鹿児島から上京しました。それから2年が経ち、今回が最後のコンペティションとなりました。過去2度の出場での様々な思いが胸にありましたが、「自分が今できる最大限の良い演奏がしたい」という一心で、本選のステージに立ちました。その思いの詰まった演奏に、この様な栄えある賞を頂けたことは、この上なく嬉しく、ありがたく、本当に夢の様です。御指導、応援して下さった先生方や、周りの方々に、ただただ感謝しています。


第1位を頂けたことで、次の目標に向けて、最高のスタートを切ることができました。

 音楽に与えてもらった感動を、いつの日か、私がたくさんの方々にに届けられるように、感謝と謙虚さを常に忘れず、より一層努力して参りたいと思います。

 本当にありがとうございました。

鹿児島県立松陽高等学校3年 松ヶ野土筆

第2位 西村菜月 滋賀県立石山高等学校
     高嶋圭子:風化賛礼
2.JPG

この度は、第23回日本トロンボーンコンペティションで2位という賞を頂くことができましたことを深く御礼申し上げます。

 このコンペティションに参加し、入賞させていただけたのは、日々支援してくれている両親、いつもしっかりご指導してくださる先生、本当に私のことをよくわかってくれているたくさんの友達のおかげです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 私自身、このコンペティションに出させていただくのは今回が初めてでした。ですので、入賞させていただいたときは、驚きと嬉しさでいっぱいでした。しかし2位という結果に、やはり少しの悔しさは残りました。
 本選では自分の納得のいく演奏が出来た分、課題も色々見つかりました。 

 これからも、きいてくださる方の心に触れられるような演奏を目指して日々努力し、精進していきます。

 本当にありがとうございました。

滋賀県立石山高等学校 西村菜月

第3位 大友崇敬 宮城県仙台向山高等学校
     J.castérède:Sonatine
3.JPG

 この度は第23回日本トロンボーンコンペティションで3位を頂くことができて大変光栄に思います。

 日頃のレッスンでお世話になっている菊池公佑先生、伴奏をして頂いている高良仁美先生、いつも応援してくれた学友、多方面でのサポートをしてくれた家族、多くの方々に支えられこの結果を得ることができました。
本当に感謝申し上げます。

色々悩んだり、不安を抱えて迎えたコンペの日でしたが、当日は楽しく演奏できたことが本当に嬉しかったです。
ですが今のままの演奏に満足はできません。今回、審査員の先生方から頂いたアドバイスを元にさらに上を目指していこうと思います。
次はより良い演奏をして、良い結果がついてこられるよう、これからも日々頑張っていきます。

 最後になりますが、このような機会を作っていただいた日本トロンボーン協会をはじめとするたくさんの方々に厚く御礼申し上げます。
 本当にありがとうございました。

宮城県仙台向山高等学校 大友崇敬

P1010579.jpg

all.JPG
恒例の全員集合写真(クリックで拡大)

予選:午前10時(予定)〜
本選:午後1時30分(予定)〜

【会 場】
尚美ミュージックカレッジ専門学校 バリオホール 他
東京都文京区本郷4丁目15番9号
東京メトロ後楽園/都営交通:春日駅 下車
アクセス
【審査委員長】
三輪純生

【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤清 井上順平 今井順夫 小野隆洋 岸名和巳 
郡恭一郎 首藤健一 西岡基 沼田司 
宮下宣子 村上準一郎 

【副賞】
【入賞者全員】
ファブリス ミリシェ CD(株式会社ビュフェ・グループ・ジャパン)
ユンゲル フォクトのクロス(管楽器専門店 ダク)         :

【1位】
キューン&ホイヤー製 トロンボーンケース(日本トロンボーン協会)

【2位・3位】
ダクオリジナル 木製ストレートミュート(日本トロンボーン協会)

【1・2・3位】
2017年3月に管楽器専門店で行われる予定の、海外一流トロンボーンプレイヤーの
プライベートレッスン受講権利を授与。
詳細については、実施日程が決定次第本人に通知。(日本トロンボーン協会)

【特別審査員&特別演奏】
有賀祐介(バストロンボーン奏者)
和氣友久(ピアニスト)

プログラム
Franz Peter Schubert:Erlkönig
Erik Alfred Leslie Satie:Ludions
Vittorio Monti:Csárdás

有賀差し替え.jpg有賀祐介waki.jpg和氣友久


【参加資格】
高校生以下でトロンポーン演秦ができる方

【曲目】
自由曲1曲を演奏する (本選10分程度、ただし予選は5分程度で演奏を上める場合もあります)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
*当日発表の上、表彰式。上位の方には、当協会主催の行事等へ招待演奏を依頼します。
 ■日本トロンボーン協会は、国内各地のトロンボーン協会等と提携しています。 
  提携している各地協会のコンクールにおいて優勝し推薦された方は、
  このコンペティショの予選が免除され、本選から参参加することができます。

  ※各地協会と日本トロンポーン協会の提携に付いては、
   各自が加入している協会事務局へお問合わせください。

【募集人員】
60名

※申し込み方法は郵送のみの受付です。ご了承ください。

【協賛】
昭和音楽大学 尚美ミュージックカレッジ専門学校 眞田貿易(株) 
(株)下倉楽器 (株)セントラル楽器(株)ダク (株)ドルチェ楽器 野中貿易(株) (株)ビュフェグループジャパン
(株)ヤマハミュージックジャパン (株)山野楽器

【運営協力】
尚美ミュージックカレッジ専門学校

【コンペティションは公開です。(有料)】
コンペティションは予選より公開しております。 
お聴きになりたい方は、コンペティション当日に会場受付にて入場券を販売いたします。
※参加者の保護者の方・付き添いの方も、入場の際には入場券をご購入していたくだ必要があります。

予選は10:00開始   本選は午後13:30開始(予定)
入場料: 一般の方=1,000円   トロンボーン協会会員=無料



2015年 第22回日本トロンボーンコンペティション
<高校生以下の部/独奏部門>

第1位 石村源海  八王子学園八王子高等学校
           H.Tomasi:CONCERTO pour Trombone et Piano
第2位 熊木蒼   学習院高等科
           E.Ewazen:SONATA for Trombone and Piano Imov.
第3位 久保田和弥 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校
           E.Ewazen:CONCERTO for Tuba or Basstrombone
奨励賞 泉谷公洋  千葉県立津田沼高等学校
           E.Ewazen:CONCERTO for Tuba or Basstrombone
奨励賞 松ヶ野土筆 鹿児島県立松陽高等学校
           J.G.Ropartz:PICE in e-flat minor for Trombone and Piano


ishihara.JPG第1位 石村源海  八王子学園八王子高等学校 
H.Tomasi:CONCERTO pour Trombone et Piano 

 この度は、第22回日本トロンボーンコンペティションで1位を頂きましたことを深くお礼申し上げます。

 日頃のレッスンで大変お世話になっている古賀慎治先生、いつも伴奏をしてくださっている城綾乃先生、高校のクラス担任であり部活顧問の高梨晃先生、私を励まし理解してくれる仲間と家族、多くの人の応援があることで今回の結果をとることが出来ました。本当に感謝しています。

 中学校2年生から出場を続け、今年で最多出場の5回目となりました。
 当日は、難しい曲を選択したこともあり本番前には少し不安もありましたが、本選では適度に緊張もとれ、自分の表現したい音楽が伝えられたと思います。
 昨年と違い今年は同じ高校生の出場者、大学生の方と話をすることができ、非常に良い刺激となりました。

 今年は受験の年なので、今回の結果に浮かれることなく大学入試に向けて引き続き自分自身の音と向き合い、高めていきたいと思います。

 ありがとうございました。

 また、三月のトロンボーンアカデミー&フェスティバルでの受賞者演奏に私の高校生活最後の吹奏楽部定期演奏会と重なってしまい参加が出来なくなってしまったことをお詫びいたします。申し訳ございません。

kumaki.JPG
第2位 熊木蒼 学習院高等科 
E.Ewazen:SONATA for Trombone and Piano Imov.

 この度は、第22回日本トロンボーンコンペティションで2位を頂くことができて、光栄に思っております。

 まず初めにこのコンペティションに参加するにあたり、ご指導頂いた先生方に感謝いたします。また、楽器を始めた頃からの厳しい指導者であり、1番の理解者であった家族のみんなに感謝しています。そして、中等科生のまだ下手な頃から伴奏を引き受けて頂いた引田祐子先生のおかげで今回も演奏が出来たことを大変感謝しております。

 実は、第20回のコンペティションを学校のオケ・吹奏楽の同級生・後輩達と見学した事があり、僕はレベルの高い演奏にただただ圧倒されていました。それからは「いつかこのコンペティションで演奏したい!」と願い、学校にコッソリ残って練習に明け暮れた日々でした。

 この賞を受賞させていただいたことで、ようやくスタートラインが見えてきたと思っています。これからは更に自分の出来る演奏の幅を広げ、より多くの方に自分の音楽を聞いていただきたいと思っております。応援よろしくお願いいたします!


kubota.JPG
第3位 久保田和弥 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校 
E.Ewazen:CONCERTO for Tuba or Basstrombone

 この度、第22回トロンボーンコンペティションにおいて3位という結果をいただけたことを大変嬉しく思います。正直なところ、まさか自分が入賞できるとは思ってもいなかったのでとても驚きです。ご指導して頂いている先生方、いつも支えてくださっている家族や仲間のお陰で、今回このような賞をいただくことができました。
 この受賞をきっかけとして、これから先、自分が音楽を続けるにあたり必要となる通過点の1つを突破できた気がします。
また、音楽的な面や楽器的な面だけでなく、人間として一歩前にすすむヒントを得ることができました。

 今回、今大会に出場できたことを心から感謝し、お礼申し上げます。

1_5.JPG
受賞者の皆さん
all2.JPG
受賞者と審査員の皆さん
all.JPG
恒例の出演者全員の集合写真

【審査員長】
三輪純生

【審査員】
井上順平 今井順夫 上原規照 首藤健一 岸名和巳 
伊波睦 小野隆洋 長谷川博亮 宮下宣子
西岡基 沼田司
(敬称略 五十音順)

【特別審査・特別演奏】
Spain:Chick Corea
John Klenner:Just Friend
Bob Russel:lCrazy He call's Me
kataoka.JPG
image[1].jpg片岡雄三

  • 1967年生まれ。ジャズトロンボーン奏者として、小曽根真、渡辺貞夫、日野晧正、北村栄治など 世界を代表するミュージシャンのコンボに多数参加。2008年スイングジャーナル誌「第58回 読者人気投票」トロンボーン部門で1位獲得。2009年より昭和音楽大学講師に就任。

ピアノ 袴塚 淳

【特別演奏】

Joseph jongen:Aria et Polonaise

shinozaki.JPG写真.JPG篠崎 唯

  • 2013年 第20回日本トロンボーンコンペティション独奏部門第1位、2014年 第8回日本 トロンボーン学生音楽コンクール第1位、同年第23回日本クラシック音楽コンクール第3位。
  • 現在、昭和音楽大学2年在学中。

ピアノ 曽根 恭子

【参加資格】
高校生以下でトロンポーン演秦ができる方

【曲目】
自由曲1曲を演奏する (本選10分程度、予選は5分程度で演奏を上める場合もあります)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
 ■日本トロンボーン協会は、国内各地のトロンボーン協会等と提携しています。 
  提携している各地協会のコンクールにおいて優勝し推薦された方は、
  このコンペティショの予選が免除され、本選から参参加することができます。

  ※各地協会と日本トロンポーン協会の提携に付いては、
   各自が加入している協会事務局へお問合わせください。

【募集人員】
60名

2014年 第21回トロンボーンコンペティション<独奏部門>

第1位 永井優(明誠学院高等学校)
       E. Bozza/Ballade
第2位 石村源海(八王子高等学校)
       J.G.Ropartz/Piece in E-flat minor for trombone and piano
第3位 安久津理子(埼玉県立大宮光陵高等学校)
       E. Bozza/Ballade
奨励賞 松本祐介(さいたま市立浦和高等学校)
       E.Reiche/Concerto No.2
奨励賞 松ヶ野土筆(鹿児島県立松陽高等学校)
       S.Sulek/Sonata Vox Gabrieli

各協賛企業様から以下の副賞を提供いただきました。
・株式会社ヤマハミュージックジャパン:藤原功二郎さんのCD「花と風と功二郎と」5枚
・株式会社ビュフェ・グループ・ジャパン:メトロポリタンオーケストラ トロン
ボーンセクションCD5枚
・株式会社ドルチェ楽器:クロス5枚
株式会社ビュフェ・グループ・ジャパン:Tシャツ9枚

D7K_16863.jpg
第1位 永井優(明誠学院高等学校)
E. Bozza/Ballade

この度は、第21回トロンボーンコンペティションで第1位という結果をいただき大変嬉しく思っています。

これまで関わってきた全ての方々に感謝をし、常に謙虚にこれからも音楽大学で自分を磨いで行こうと思います。

永井優(明誠学院高等学校)

D7K_6846.jpg
第2位 石村源海(八王子高等学校)
J.G.Ropartz/Piece in E-flat minor for trombone and piano

この度は、第21回日本トロンボーンコンペティションで2位を頂きましたことを深くお礼申し上げます。

小学校5年生からご指導くださっている東京交響楽団首席奏者 荻野昇先生、鳥塚心輔先生、いつも伴奏をしてくださっている城綾乃先生、高校のクラス担任であり部活顧問の高梨晃先生、私を励まし理解してくれる仲間と家族のおかげで私はトロンボーンを続けていられるのだと思っています。本当に感謝しています。

私は中学校2年生からこのコンペティションに挑んでおり、今年で4回目の出場だったのですが、今回は昨年の選曲についての反省を踏まえてロパルツの小品を選びました。高い技術力と音楽性の両方が求められる難曲でかなり苦戦しましたが、いつかは吹きたいと憧れていた曲だったので、必死に練習を重ねてきました。
本番当日は、自分の音楽を審査員の方々と会場にいる方々に届けることを常に心がけました。実際、本選では、自分の中で満足のいく演奏ができていたと感じられたので、舞台の上で吹いていてとても気持ちが良かったです。しかし残念ながら結果はついて来ませんでした。またしても1位を逃してしまいました。4年間入賞していることを褒めてくださる方もいらっしゃいますが、「成長していないってことだよね」と厳しいお言葉も頂きました。まだまだ自分には足りない事が多く、さらに努力をしなければいけないのだと痛感しました。
今回、年齢が近い出場者の方々の演奏を聞くことで、これからの練習で参考になるものがたくさんありました。今年のコンペティションで気づいた事を今後の練習に生かし、来年こそは一番上を目指せる演奏をしたいと思います。

ありがとうございました。

石村源海(八王子高等学校)

D7K_6872.jpg
第3位 安久津理子(埼玉県立大宮光陵高等学校)
E. Bozza/Ballade

この度の第21回日本トロンボーンコンペティションにおきまして、第三位という賞をいただき、大変光栄でありますとともに、とても嬉しく思っております。

私がこのような賞を頂けたのも、私の音楽を理解し導いててくださる先生方、共に切磋琢磨し合う仲間、そして陰ながら支えてくれた家族がいたからこその結果だと思っております。

今回、審査員の先生方に直接アドバイスを頂き、改めて自分に足りないものが何なのか、明確に知ることができました。

「音楽に終わりはない」ということを胸に、これからも音楽をとことん追求し、日々精進していきたいと思っております。

終わりに、第21回日本トロンボーンコンペティションに携わった、日本トロンボーン協会の方をはじめとするすべての方々に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

安久津理子(埼玉県立大宮光陵高等学校)

【特別審査員&特別演奏】
菊池公佑
D7K_6892.jpg
Soren Hyldgaard/Rapsodia Borealis
Philip Sparke/Song for INA

全体写真.JPG
出演者と審査員の皆さん

【主 催】日本トロンボーン協会

【日 時】2014年11月23日(日・祝)予選:午前10時~ 本選:午後1時30分(予定)~

【会 場】
尚美ミュージックカレッジ専門学校 パリオホール 他
東京都文京区本郷4丁目15番9号
東京メトロ後楽園/都営交通:春日駅 下車
アクセス
菊池写真.jpg
【審査委員長】
三輪純生

【特別審査員&特別演奏】
菊池公佑
【ピアニスト】
高良仁美

Soren Hyldgaard/Rapsodia Borealis
 スーレン・ヒュルガーア/ラプソディアボレアリス

Philip Sparke/Song for INA
 フィリップ・スパーク/イナの歌


【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤 清 井上順平 今丼順夫 小野隆洋 岸名和巳 
首藤健一 西岡基 沼田司 長谷川博亮 宮下宣子 
DSC_7272.jpg
【参加資格】
高校生以下でトロンポーン演秦ができる方

【曲目】
自由曲1曲を演奏する (本選10分程度、ただし予選は5分程度で演奏を上める場合もあります)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
*当日発表の上、表彰式。上位の方には、当協会主催の行事等へ招待演奏を依頼します。
 ■日本トロンボーン協会は、国内各地のトロンボーン協会等と提携しています。 
  提携している各地協会のコンクールにおいて優勝し推薦された方は、
  このコンペティショの予選が免除され、本選から参参加することができます。

  ※各地協会と日本トロンポーン協会の提携に付いては、
   各自が加入している協会事務局へお問合わせください。

【募集人員】
60名

【応募締め切り】
 2014年10月23日 (木)必着
(但し、募集定員になり次第、締切日前に応募を停止する場合も有ります)
 締め切り後に受験票等必要書類を郵送致します。

【参加料】
日本トロンボーン協会会員 10,000円
非会員 15,000円

【参加申込方法と書類】(下記のものは申し込み後不参加でも返還されません)
①参加申込書に必要事項を記入し、郵送にてお送りください。
 FAX・mailでの受付はいたしません。

  • 参加申込書送付先

     〒249-0009   逗子市池子2丁目6丁目24号   岸名和巳 宛

②参加料を指定口座へ振込、その際の振込照明書等をコピーし参加申込書に同封して
 お送りください。
 振込手数料は申込者にてご負担ください。

  • 参加振り込み口座

   三井住友銀行 逗子支店 普通 店番号228 口座番号6514612
   口座名 コンペティション事務局(手数料は各自ご負担下さい)
申し込み用紙のダウンロード pdfファイル 1MB

※申し込み方法は昨年度から郵送のみの受付となりました。ご了承ください。

【協賛】
昭和音楽大学 尚美ミュージックカレッジ専門学校 (株)グローパル 真田貿易(株) 
(株)下倉楽器 株)ダク (株)ドルチェ楽器 野中貿易(株) (株)ビュフェグループジャパン
(株)ヤマ八ミュージックリテイリンク

【運営協力】
昭和音楽大学


【応募・お問い合わせ】
または、申し込み用紙をダウンロードし、その申込書に記載の住所に郵送お願いします。
申し込み用紙のダウンロード pdfファイル 1MB

【その他】
①審査演奏順は、協会にてランダムに決定します。参加者個々のご希望には応じられません。
②伴奏者は、参加者本人でご手配ください。
③審査日当日の集合時間等に付いては、2014年11月4日(火)の発送を持って郵送にて通知します。
④審査当日の集合室へは、参加者ご本人と伴奏者以外の方の入室はできません。
 また、保護者の方・付き添いの方の控え室の準備はありませんのでご了承ください。
⑤一旦送付された申込書、および参加料は、いかなる理由でも返還できませんのでご了承ください。

【日本トロンボーン協会は、各地トロンボーン協会と提携します】
各地トロンボーン協会が推薦するコンペティション参加者は予選は免除とし、本選から参加できる事とする。各地で推薦されなかった参加者は、通常とおり予選から参加する事が認められ、他の参加者と比較無く審査をへて本選に出場ができる。
※各地協会と日本トロンボーン協会の提携に付いては、各自が加入している協会事務局へお問合わせください。 


【コンペティションは公開です。(有料)】
コンペティションは予選より公開しております。 
お聴きになりたい方は、コンペティション当日に会場受付にて入場券を販売いたします。
※参加者の保護者の方・付き添いの方も、入場の際には入場券をご購入していたくだ必要があります。

予選は10:00開始   本選は午後13:30開始(予定)
入場料: 一般の方=1,000円   トロンボーン協会会員=無料

【お問い合わせ】
日本トロンボーン協会 
コンペティションン実行委員長 岸名和巳 TEL 046-873-0601  
※お問合わせは9:00~21:00の間にお願いいたします。

参考:日本トロンボーン・コンペティション歴代入賞者一覧

2013年第20回トロンボーンコンペティション
第1位 篠﨑唯   関東学院高等学校(神奈川) J.カステレード / ソナチネ
第2位 安久津理子 大宮光陵高等学校(埼玉)V.ブラゼビッチ/コンチェルト7番   
第3位 石村源海  八王子学園八王子高等学校(東京)E.エワイゼン / ソナタ 第3楽章
奨励賞 三原万里子 北陸学園北陸高等学校(福井) E.ボザ/バラード 
奨励賞 永坂海帆  花咲徳栄高等学校(埼玉)E.エワイゼン / ソナタ


第1位 篠﨑唯さんからのコメント
IMG_0214.jpg この度は、日本トロンボーンコンペティションにおいて第1位という栄誉ある賞を頂きましたことを心から深くお礼申し上げます。

 このような賞を頂けたのは、関東学院中学高等学校オーケストラ部で5年間ご指導して下さった小和田有希先生と、高3から師事させていただいている古賀慎治先生のご指導と、去年のコンペティションから伴奏していただいている曽根恭子さん、絶えず応援し続けてくれたオーケストラ部の仲間と家族のおかげです。心から感謝いたします。

 コンペティション本選では、心を込めて悔いのないように吹ききろうという思いで挑みました。すると吹き終えたとき、今まで練習してきたことを全て出し切ることができ、自然に涙が出てきました。トロンボーンに出会えてよかったと思うと同時に、音楽の素晴らしさに改めて気付かされました。

 今回多くの同世代の演奏を聴いて大変刺激を受け、自分には本当に足りない部分があると気付かされました。審査員の先生方に頂いた講評を参考にさせていただき、これからもっと精進していきたいと思います。

 このような素晴らしい機会をつくってくださったトロンボーン協会の方々に深くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

関東学院高等学校 篠﨑唯

第2位 安久津理子さんからのコメント
IMG_0215.jpg この度の第20回日本トロンボーンコンペティションにおきまして、第2位という賞をいただきましたことは、大変光栄でありますとともに、とても嬉しく思っております。

 ひとえにご指導くださっている先生方、ともに音楽を学ぶ仲間、陰ながら支えてくれる家族がいたからこその結果だと感じています。

 また、今回、特別審査員のジャック・モージェ先生から直接アドバイスをいただけたことは、私にとってとても貴重な経験となりました。このような機会をあたえてくださった日本トロンボーン協会の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

 今後、この結果に甘んずることなく、人との出会いや経験を大切に、自分の目標に向かって日々精進していきたいと思います。
 ありがとうございました。

埼玉県立大宮光陵高等学校 安久津理子

第3位 石村源海さんからのコメント
IMG_0213.jpg この度は、第20回日本トロンボーンコンペティションで3位を頂きましたことを深くお礼申し上げます。

 このような賞をいただけたのは、小学校5年生からお世話になっている東京交響楽団首席奏者 荻野 昇先生、同じく鳥塚 心輔先生、いつも伴奏をしていただいている城 綾乃先生をはじめ、僕がトロンボーンを続ける環境を整え支えてくださっているたくさんの方々のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。

 僕は中学校2年生からこのトロンボーンコンペティションに挑戦しています。今回のエワイゼンの第3楽章は5月頃に選曲しました。難しい曲ではありましたが、練習して上手く吹けるようになったらかなり格好いいだろうと思い、先生に相談したら、僕の希望を理解して、練習すれば大丈夫と言ってくださいました。

 自分が吹きたいと言った曲なので、練習にも力が入り、いい状態まで仕上がったと思ったのですが、結果は去年よりも順位を落とし3位に終わってしまいました。自分の練習がまだまだ甘かったのだ痛感しています。

 また今回審査員の先生方から頂いた講評で曲がコンクール向きではないと言われたのがとてもショックでした。今まで自分の好きな曲でコンクールに挑んできましたが、選曲も奏者の力量を評価頂く上で非常に大事ということを思い知らされました。

 やりたいと思う事だけでなく、自分の演奏を最大限に伸ばす努力をしながら、来年以降更に上位に入賞出来るように頑張っていこうと思います。

八王子学園八王子高等学校 石村源海

IMG_0209.JPG
写真左から
三輪純生審査委員長、奨励賞永坂さん、第2位阿久津さん、第1位篠﨑さん
第3位石村さん、奨励賞三原さん、ジャック:モージェ特別審査員&特別演奏

【主 催】日本トロンボーン協会

【日 時】13年10月27日(日)午前10:00〜

【会 場】
昭和音楽大学(南校舎)
小田急線新百合ヶ丘駅より(全ての急行停車駅)徒歩4分

【審査委員長】
三輪純生

【特別審査員&特別演奏】
ジャック:モージェ
【ピアニスト】
二戸麻衣子

ヴィヴァルディ:オーボエコンチェルトより
トマジ:トロンボーン協奏曲1mov.
ピアソラ:オブリヴィオン

【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤 清 井上順平 小野隆洋 亀谷彰一 岸名和巳 
首藤健一 西岡基 沼田司 宮下宣子 

【参加資格】
1995年(平成7年)4月2日以降に出生し、高等学校又はそれに準ずる学校に在籍している方。

【曲目】
自由曲1曲を演奏する (本選10分程度、ただし予選は5分程度で切る)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
*当日発表の上、表彰式。上位の方には、当協会主催の行事等へ招待演奏を依頼します。

【参加料】
日本トロンボーン協会会員 10,000円
非会員 15,000円

【協賛】
 (株)グローバル 眞田貿易(株) (株)下倉楽器 (株)ダク (株)ドルチェ楽器  
 野中貿易(株) (株)ビュフェクランポングループジャパン   
 (株)ヤマハミュージックリテイリング

各協賛企業様から以下の副賞を提供していただきました。
・野中貿易株式会社:トムクラウン ストレートミュート×3
・有限会社眞田貿易:CDとマウスピースケース×3 / トロンボーンソフトケース
・株式会社ヤマハミュージックジャパン:CD
・株式会社ダク:トロンボーンソフトケース

【運営協力】
尚美ミュージックカレッジ専門学校
プロ アルテ ムジケ

【応募・お問い合わせ】
または、申し込み用紙をダウンロードし、その申込書に記載の住所に郵送お願いします。

提携トロンボーン協会
 ●仙台トロンボーンプロジェクト
 ●日本トロンボーン協会 山口支部
 ●松山トロンボーンフェスタ コンペティション

【コンペティションは公開です。(有料)】
コンペティションは予選より公開しております。 
お聴きになりたい方は、コンペティション当日に会場受付にて入場券を販売いたします。
※参加者の保護者の方・付き添いの方も、入場の際には入場券をご購入していたくだ必要があります。

予選は10:00開始   本選は午後13:30開始(予定)
入場料: 一般の方=1,000円   トロンボーン協会会員=無料

参考:日本トロンボーン・コンペティション歴代入賞者一覧

2012年第19回トロンボーンコンペティション

第1位 大泉茉弓 名取北高等学校(宮城県) J.カステレード / ソナチネ
第2位 石村源海 北中野中学校(東京)   F.ダビッド / 小協奏曲
第3位 伊藤雄太 横浜南陵高等学校(神奈川)J.カステレード / ソナチネ
奨励賞 三原万里子 北陸学園北陸高等学校(福井) 
              J.G.ロパルツ / トロンボーンとピアノのための小品
奨励賞 米坦 松戸国際高等学校(千葉)   E.ボザ / バラード

第1位 大泉茉弓さんの受賞コメント
 この度は、日本トロンボーンコンペティションで第一位を頂きましたことを心より感謝し、お礼申し上げます。
 この第一位という大きな賞を頂けたのは、高校二年生の頃から師事させて頂いている菊池公佑先生のご指導と、絶えず応援し続けてくれた家族のおかげだと思っております。心から感謝しています。

 コンペティション当日、ステージで演奏した時のわたしは今までに感じたことのないような幸せな気持ちでいたことを覚えています。音楽をしている上で1番大切であることを実感できたのではないかと思います。

 このコンペティションで学んだこと、まだまだ自分には足りないことに気付くことができました。
第一位という大きな栄誉ある賞を頂けたことは、これから先、生きていくなかで大きな糧としてわたしの背中を押してくれると思っております。

 最後に、このような機会をつくってくださったトロンボーン協会の方々に心から感謝申し上げます。

宮城県名取北高校三年 大泉茉弓

PB230321.jpg
入賞者とモージェ氏
後列左から米さん、モージェ氏、三原さん
前列左から大泉さん、石村さん、伊藤さん

PB230303.jpg
ジャック・モージェ氏による特別演奏

PB230317.jpg
恒例の全体写真

【主 催】日本トロンボーン協会

【日 時】2012年11月23日(金・祝)午前10:00〜

【会 場】尚美ミュージックカレッジ専門学校

【審査委員長】
三輪純生

【特別審査員&特別演奏】
ジャック:モージェ(元フランス国立パリオペラ座管弦楽団ソリスト)

【特別演奏】
S.ルソー /トロンボーンとピアノのための小品
J.マスネ/タイスの瞑想曲
A.モーツァルト/魔笛 (ジャック・モージェ編曲)
H.ベルリオーズ/葬送と勝利の大交響曲
G.プッチーニ/誰も寝てはならぬ

【特別演奏ピアニスト】
二戸麻衣子(にとまいこ)

【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤清 今井順夫 小野隆洋 岸名和巳 首藤健一
西岡基
沼田司 宮下宣子 村上準一郎

【参加資格】
1994年(平成6年)4月2日以降に出生の方。

【曲目】
自由曲(本選10分以内、ただし予選は5分程度で切る)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
*当日発表の上、表彰式。上位の方には、当協会主催の行事等へ招待演奏を依頼します。


【協賛】
(株)グローバル、眞田貿易(有)、昭和音楽大学、
尚美ミュージックカレッジ専門学校、(株)下倉楽器、(株)ダク、
(株)ドルチェ楽器、野中貿易(株)、(株)ビュッフェ・グループ・ジャパン、
(株)プリマ楽器、ヤマハ(株)

【協力】
尚美ミュージックカレッジ専門学校、昭和音楽大学
プロ アルテ ムジケ

【日本トロンボーン協会は、下記の各地トロンボーン協会と提携します】
各地トロンボーン協会が推薦するコンペティション参加者は予選は免除とし、本選から参加できる事とする。各地で推薦されなかった参加者は、通常とおり予選から参加する事が認められ、他の参加者と比較無く審査をへて本選に出場ができる。

提携トロンボーン協会
 ●仙台トロンボーンプロジェクト
 ●日本トロンボーン協会 山口支部
 ●松山トロンボーンフェスタ コンペティション

参考:日本トロンボーン・コンペティション歴代入賞者一覧

2011年第18回トロンボーンコンペティション

第1位 三原成美 高松第一高等学校(香川)J.カステレード / ソナチネ
第2位 福澤優加 八王子高等学校(東京) F.マルタン / バラード
第3位 鈴木聡  水戸第一高等学校(茨城)F.ダビッド / 小協奏曲 in Bb
奨励賞 小松紀之 新屋高等学校(秋田)  E.エワイゼン / ソナタ
奨励賞 石村源海 北中野中学校(東京)  E.エワイゼン / ソナタ


11/11/13コンペ受賞者.jpg
前列左から、福澤優加さん 三原成美さん 鈴木聡さん
後列左から、石村源海さん 小林紀之さん

第1位 三原成美さんの受賞コメント
 このたびは、思いがけず日本トロンボーンコンペティション第1位の栄誉をいただきましたこと、厚くお礼申し上げます。
 今の自分にとって精一杯の演奏はできましたが、1位をいただけるとは正直思っていませんでした。あまりの喜びにきっと表彰式のほうが緊張した表情をしていたと思います。

 この賞をいただけたのは、中学1年生の時にトロンボーンと出会って以来、不出来な末っ子弟子をずっとご指導下さっている師匠・内井規文先生のおかげであり、高松一高音楽科中央講師の吉川武典先生と高松一高音楽科の村山修一先生のご指導のおかげです。また、ワガママばかりの私を応援してくれる母と弟の支えがなければ、トロンボーンを続けることはできませんでした。先生方をはじめ家族、励ましてくださった多くの皆様に感謝しています。

 今回のこの栄誉を新たな出発点として、聞く人の心にそっとあかりを灯すような、そんな音楽が奏でられるよう、もっともっと精進していくつもりです。まずは来年、もう少し成長した姿をお見せできるように日々研鑽を続けることをお約束します。

 まだまだ未熟な私ですが、どうか今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。このたびは、本当にありがとうございました。

高松第一高等学校音楽科2年 三原成美



11/11/13全体.jpg
恒例の全体写真

【主 催】日本トロンボーン協会
【日 時】2011年11月13日(日)午前10:00〜
【場 所】昭和音楽大学(南校舎)
    (小田急線新百合ケ丘下車徒歩4分)

【審査委員長】
三輪純生

【審査員】(敬称略 五十音順)
今井順夫 小野隆洋 加藤直明 岸名和巳 郡恭一郎 首藤健一 西岡基
沼田司 長谷川博亮 藤原功次郎 前田保 村上準一郎

【特別演奏】
府川雪野(神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約首席トロンボーン奏者)
佐藤友美(ピアニスト)
 ヨルゲンセン:ロマンス
 ライヒャ:コンチェルト

【参加資格】
1993年(平成5年)4月2日以降に出生の方。

【曲目】
自由曲(本選10分以内、ただし予選は5分程度で切る)

【審査方法】
予選をへて、本選にて入賞者を決定します。
*当日発表の上、表彰式。上位の方には、当協会主催の行事等へ招待演奏を依頼します。

【募集人員】
50名

【応募締め切り】
2011年10月15日必着(但し、定員になり次第、締め切ります)
 締め切り後に受験票等必要書類を郵送致します。

【参加料】
日本トロンボーン協会会員 10,000円
非会員 15,000円

【参加申込書類】(下記のものは申し込み後不参加でも返還されません)
A 必要事項が記入された参加申込書
B 参加料(下記銀行口座にお振り込み下さい)
   三井住友銀行 逗子支店 普通 店番号228 口座番号6514612

口座名 コンペティション事務局(手数料は各自ご負担下さい)

【協賛】
(株)グローバル、真田貿易(株)、(株)下倉楽器、(株)ダク、(株)ドルチェ楽器、
野中貿易(株)、ビュッフェ・クランポン(株)、 (株)プリマ楽器、

【協力】
昭和音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校
プロ アルテ ムジケ

【応募・お問い合わせ】
申し込み用紙をダウンロードして下記住所に郵送お願いします。

ダウンロード pdfファイル 876kb
参考:日本トロンボーン・コンペティション歴代入賞者一覧



2010年 第17回トロンボーンコンペティション

第1位 松永遼   清水商業高等学校(静岡)  E.ボザ / バラード
第2位 笹栗良太  高松第一高等学校(香川)  E.ボザ / ニューオーリンズ
第3位 教山了悟  都城泉ヶ丘高等学校(宮崎) E.ボザ / バラード
奨励賞 潟上源太郎 京都堀川音楽高等学校(京都)F.ダヴィット / コンチェルティーノ
奨励賞 星山瑠美  高松第一高等学校(香川)   J.カストレード/ソナチネ

入賞者5名.JPG
左から潟上源太郎さん、笹栗良太さん、松永遼さん、教山了悟さん、星山瑠美さん

主 催:日本トロンボーン協会
日 時:2010年11月14日(日)午前10:00
場 所 洗足学園音楽大学溝口キャンパス(JR南武線・武蔵溝口駅下車6分)

審査委員長:三輪純生
審査員:伊藤清、伊波睦、大塚義弘、小野隆弘、加藤直明、郡恭一郎、中根幹太、
西岡基、長谷川博亮、藤原功次郎、宮下宣子
特別審査員、ゲスト演奏、レイモン・ムネコム
実行委員長:岸名和巳
実行委員:井上順平、小野隆弘、首藤健一
司会:竹内道子
演奏:日本トロンボーン学生連盟

協賛:(株)グローバル、眞田貿易(株)、(株)下倉楽器、(株)ダク、(株)ドルチェ楽器、
野中貿易(株)、ビュッフェ・クランポン(株)、 (株)プリマ楽器、ヤマハ(株)、
(株)ヤマハミュージック東京 横浜店

協力:洗足学園大学、プロ アルテ ムジケ、日本トロンボーン学生連盟

2009年 第16回トロンボーンコンペティション

優 勝 加藤 舞衣  浜松学芸高等学校(静岡)  J.カストレード/ソナチネ
第2位 安井 貴大  常盤木学園高校(宮城)   F.モレル/へ短調の小品
第3位 西方 舞   三浦学苑高等学校(神奈川) E.エワイゼン/バストロンボーンの為の協奏曲
奨励賞 仁科 美咲  西宮高等学校(兵庫)    G.ロパルツ/小品変ホ短調
奨励賞 相澤 卓人  東邦音楽大学附属東邦高等学校(神奈川)E.エワイゼン/ソナタ

2009comp_b.jpg
入賞者とゲスト演奏の倉田さん
左から 相澤さん、安井さん、加藤さん、倉田さん、西方さん、仁科さん

第2回 (1995年)
優 勝  諸岡 育子  徳島県立城ノ内高等学校 ブラゼヴィッチ / コンチェルト第5番
2位   村山 修一  高松第一高等学校 ヴィヴァルディ / ソナタ第1番
3位   通事 朱里  興南高等学校 ボザ / ニューオリンズ
4位   一谷 啓太郎 東京音楽大学附属高等学校 カステレード / ソナチネ

主催 日本トロンボーン協会

コンペティション_0003.jpg
コンペティション_0004.jpg

第1回 (1993年)
優 勝  神田 めぐみ  桐朋女子高等学校音楽科 バラ / 序奏とダンス
2位   西岡 基    東京芸術大学附属高等学校 デュティーユ / コラール、カデンツァとフーガ
3位   肥後 佳枝   古河第三高等学校 デスポルト / トロンボーンのためのシャンソン
奨励賞  広瀬 貴雄   高松第一高等学校 マルタン / バラード

主催 日本トロンポーン協会 日本吹奏楽学会

コンペティション_0001.jpg
コンペティション_0002.jpg